アジア選手権熱かった〜!
ジムでランニングマシンの上で観戦しました。
中々いい時間過ごしました。

アジア選手権、じっくり見て驚きました。
本当につい最近まで全日本の方が全体のレベルが高いのかなとおもっていましが、、、とんでもない!凄いレベル高いです。
アンソニーウエストもそうですが、あの山口選手もWSSの大久保君も大苦戦の状況です、正直事前の段階ではこの二人が逃げていくのかなと思ってたりしましたが、、、、
タイヤマハがものすごいのは、事前にしっかりとテストを行ってきている事だと思いますが、それにしても全体のレベルが高いです。
アジア選手権も近いうちにSS600から1000ccに移行するという話ですが、こりゃ鈴鹿8耐にもアジア勢が来そうです!というか暑さに耐えうる体力は凄いものがありますからね。
2014年の頭に、タイヤマハさんと一緒にタイランドサーキットでトレーニングさせてもらった事ありましたがデチャとチャランポンは1日で30分×4本を超ハイペースで走っていて、尚且つ最終セッションでその日のベストが出る感じでしたからね。
同じメニューやりましたが、僕は完全にくたばってました

20161129_155827_001しかし、レース終わって2週間、時間なんてあっという間ですし、年明けなんてもうすぐです。
色々と急いでやらなきゃいけない事があって少々バタついていますが、、、
しっかりとフィジカルトレーニングは継続していきます!

いつも本当にありがとうございます!!
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

アジア選手権タイラウンドやってますね。
一回出てみたいな!

ブリラムサーキット、今年のSBK第二戦で僕も観戦に行ったサーキットです。
バンコクから車で5時間!!遠いww
恐らく気温も35度以上あると思いますが、(SBKの時は40度以上ww)最高のコンデションでしょうね!

金曜日の夜はサーキットの駐車場でゼロヨンやってたりして盛り上がっていて羨ましいです!

12969387_797537997043273_583018493_nSS600はタイヤマハのチャランポンがポールポジション、デチャが2位を獲ったという事で、タイの地元勢!!いや!!ここは遭えて「全日本勢」が大活躍という感じです!
僕自身、タイヤマハモーターさんとは少なからず縁があり、恩があります。
ライダー、マネージャーから、メカニックさん、フォトグラファーさんもね!
来年はアジア選手権に専念するとの事ですので、デチャとチャランポンそしてタイヤマハのみんなに会えない事が寂しいです。写真見つけてホッコリしています。
今回のレースやっぱり大事な友人ですので応援しています。

それと今週末、ホンダサンクスデーがツインリンク茂木で行われます。
マルケスやペドロサも来ることになっていますし、榎戸君も行くらしいです。
見に行きたいな〜

熱い所はまだまだ熱いレース関係です!
いつも本当にありがとうございます!!
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

今年の年間シリーズの事を考えていたら外が明るくなってしまいました(笑)
時系列にするとこういう感じです。

第1戦 筑波サーキット 4月10日(日)
ピレリカップ もてぎ:4月16日(土)
ピレリカップ 鈴 鹿:5月7-8日(土、日) フルコース
第3戦 もてぎ 5月29日(日)
ピレリカップ 岡 山:6月5日(日)
ピレリカップ 筑 波:6月19日(日)
第5戦 スポーツランドSUGO 6月26日
鈴鹿8耐 7月31日
中国パンデルタ珠海サーキット9月18日
第8戦 岡山国際サーキット 9月25日
第9戦 MFJ-GP鈴鹿サーキット 11月6日
ピレリカップ 岡 山:11月13日(日)
ピレリカップ もてぎ:11月20日(日)

HBF春大会5月15日
HBF夏大会7月17日
HBF秋大会10月23日
タカスミニバイク8時間耐久 8月21日

今年も全力でよく動いたな。
一つ一つのレースでの出来事が自分にとっての成長の糧になります。
いつも本当にありがとうございます!!
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

早くも全日本ロードレースのスケジュール出ていますね。
暫定ですが以下の通り。

2017年全日本ロードレース
開幕戦筑波 4/9 木曜
2戦目SUGO 5/14 木曜
3戦目茂木  6/11
4戦目AP  6/25
5戦目岡山  10/1
最終戦MFJGP 11/5 木曜

2017年はJSBクラスの開催が8大会9レースと多い!
そういう事もあってその他のクラスという形になるんでしょうね。
じっくり見ていましたが、今年と違うのはまず、オートポリス大会の復活が挙げられます、、、、しかし思いきり梅雨時期ですが雨降らないのかなw
SUGOは5月の第2日曜日、木曜日からの4日制に変更されていました。

今年と違うのはその辺かな。
この日程で日本一を争われます。

正直、まだ確定した事は何もありませんので何も言えることありませんが、
脳味噌の中では色々と考えています。
いつも本当にありがとうございます!!
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

Shintaro Suzuka_MG_9512よくよく考えると、ST600クラスというクラス、全日本で一番歴史の長いクラスになっていました。
JSB1000もJGP2もJGP3も含めてです。
色々と考えていてふと気が付きました(笑)
僕にとっての全日本ロードレースはST600クラスと共にありました。
ST600クラスにこだわっているわけではありませんが、結果的に僕はST600クラスを選択しております。

コストの問題も大きいですが、イコールコンデションに特化している事もモチベーションが上がります。

ST600クラスには買取規定がありまして、上位入賞バイクは200万円以下にて希望者が居れば販売しなければならないというルールがあります。(実は先日の最終戦MOTOBUM榎戸号がST600クラス始まって以来!?の買取希望者が出まして販売されました)
僕はこの夏に、モトバムの榎戸号に縁あってライディングしましたが、そんなに超特別仕様というわけではありませんでした、しかし他から見ると「あのバイクは超速い」という風にみられていたという事で初めての買取規定になったんだと思います。ある意味光栄な話なのかなww
確かに、手塩にかけたバイクが販売されるのは相当面白くありませんが、こうしたルール、実績があるというのはどこも怪しい事は出来ないししていないという事も言えます。
ただ、僕だったらムサシハルクプロさんのバイクか、RS−イトウさんの緑のバイクが欲しいな〜なんて(あれはそうとう速いww
そうはいってもST600クラス、そんな特別なバイクが存在するわけではありません、その証拠にこんな僕だって時に上位を走ったりポールポジションが獲れるという実績がありますからね。これが何よりの証拠なのでは?!(笑)

他のクラスだとそうはいきません。

20160901_102357この2年のBSワンメイクタイヤに関しても当初の思惑通りにいっていると思います。
確実にタイヤコストが下がりました、タイヤのライフが長いという事、そしてレース時には2セット格安2セット5万円弱で購入できるという事で年間コストが数字として下がっています。
若い子は練習が出来て僕は追加でピレリカップに参戦できましたからね。
この効果は、すぐの参加台数の数字には現れないですが、ジワ〜っとではありますがいい効果が伝っている事だと思います。
バイクもモデルチェンジ少ないですし、乗り続けててもいつまでも現行モデルと言えますからねw


僕にとってはST600クラス以外に選択肢はありません。
DSC_0147ここ2年で1000ccのスーパーバイクに乗る機会があり、少ない乗り込み量でも手ごたえがあり、自分の体格がいかにビックバイクに向いているかというのも確信持てました、しかしやっぱりST600なんですよね。

1000ccに参加するとなると、例え今年の予算の倍かけてもポイント獲得すら難しいでしょう。

20161008121752来年CBR1000RRがモデルチェンジするに伴い、レースベース車両を手に入れてクラス変えも思いきり真剣に考えましたが、ST600クラスとは離れられないかな(笑)
いつも本当にありがとうございます!!
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ



Shintaro Suzuka_MG_9509今、支援者様向けの報告書を書いています。
改めて沢山のレースに出場したな〜本当に。
今年の全日本ロードレースランキングは10位、そしてピレリカップランキングは2位でした。
ランキングが思ったよりいいのはリタイヤが無かったという事が大きいです。

う〜ん。
そこから思う事、カッコ悪い、、、、やっぱりもっと速くなりたい!

来年僕は40歳になります、完全にオヤジで、ST600の周りを見渡すとそろそろという年齢です、自分は完全な個人参戦者、プライベータですが来年もチャレンジしたいと思っています。

Shintaro Suzuka_MG_8951結婚もしていないし、実家の会社も仕事半分になっている、継続するには厳しい状況ですが、それでもハードルは高くても継続したい!
今年の経験を活かして来年戦いたい!そう思ってレース終わって毎日を過ごしています。
継続は力なりです。
反射神経などフィジカル面もまだまだ改善の余地がありますし、腕上がりなど今年の問題は解決できると思います。
それもそうですし、マシン面に関しても最後に良い仕様が見つかりました。
また年々自分の縁が広がっていて、自分の活動を沢山の人が見てくださっていてすごいパワーを感じております。

やっぱりチャレンジしたい!そう思っています。
ただ、やりたい!やわがままでやる年齢ではありません、若いライダーの見本になるよう、きちんと明確な目標や、プランをもってチャレンジしたいと思います。

エントリー開始までのこの1〜2か月は恐らく相当忙しくなろうかと思っています。
いつも本当にありがとうございます!!
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ