アジア選手権、そしてMOTOGP見ていますが、当たり前ですがやっぱりTOPライダーは自信を持って走っていますね!
特にMOTO2のザルコなんて、完璧にフロントタイヤ信頼しきってる感じの乗り方です。
見てて気持ちがいいww
まあ、実際の裏付けがあるんでしょうけれど、自信満々のメンタルが多少のマシンのネガを吹き飛ばしていくようなライディングですね!

よくよく考えたら高橋裕紀君も全日本ではJP−2に乗ってて、アジア選手権ではST600仕様に乗っていますからね同じダンロップでもスリックとプロダクションタイヤでは大きく違います。
日本ではほとんどGP2車両に乗ってますからね。
それでもアジア選手権をぶっちぎってしまうんだからさすがです!

ライダーが乗れてる!それですね。

今できる事、力いっぱいして僕も後半戦にノリノリの走りします!
しかし、世界選手権は見てるだけでテンション上がりますね!
エネルギー貰えます!

20150419_191919あと、、、、ハナマルが家出してまる1日帰ってきません(>_<)
どこに行ったんだ!?
いつもばあちゃんの近くから離れないハナマル、心配です。
ばあちゃんがずっと探しているんですが、ん〜ん
ハナマル史上初めての外泊、も〜心配かけるんだから。

いつも本当にありがとうございます!!
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

20150828_115347CBRに乗りたい気持ちをぐっとこらえて、金沢で仕事しています。
お昼には、CBRのガスケットをせっせと作ってます(笑)

タイではアジア選手権やっていますが、今回はすっごい日本人が多いようでリザルトが楽しみです。

僕はというと、バイクに乗る状況に無いので毎日筋トレ中心のトレーニングに精を出しています、まずバイクの上で完璧な動きを出来るようにして、絞りに入ります!
あと3週間で後半戦!しっかりと燃えていきます!

20150828_181447あと、夕方お世話になっているバイク屋さんに行ったんですが、新しいR1のカタログが置いてありました。
やっぱり、話題のR1(遅い?!)カタログからもオーラが漂っていましたw
こんなにじっくりカタログを読むなんてw初めてかもしれませんww
オーナーさんはさぞかし興奮したんだろうな〜ww

かれこれ、フルモデルチェンジのバイクの興奮なんて、
何年も体験していませんw街乗りバイクとはいえ、羨ましいです。
早く新型のCBR600RR、1000RR出て来ないかな〜

これからもドキドキするような、バイクじゃんじゃん出てきてほしい!

9月13日に控えた北陸バイクフェスティバルですが、あまりにも日程がタイトだったのか、皆さん10月だと思い込んでいて、今回はエントリー台数的に厳しそうです。
それと、うっかりしていました、WEBエントリーフォーム、なぜか秋大会からRSMの保険の入力要綱が必須になってて、それが引っ掛かるという事でWEBエントリーできないという事をお伺いしていましたが、先程、対処しました。

また、良かったら見て見てください!

昨日は献血したらなぜか、急に元気が無くなってしまいましたw
献血して、貧血になるところでしたwww笑えないww
1日寝たら、復活です!さてこの週末も元気に行きます!

いつも本当にありがとうございます!!
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

今週はMOTOGPとアジア選手権ですね!

今では情報もリアルタイムで入ってきますので、すごく楽しみです!

アジア選手権タイラウンドは、ブリアムサーキットは自分にとっても身近に感じるコースです!
(走った事ありませんがww)
最新のコース、アジア選手権にスポット参戦できるとしたら、ここに参加したいな〜ww

日本人ライダーに限らず、素晴らしい走りを見せて貰えたらなと思います!

今日は、ふと思う事があり午後一番で献血に行ってきました。

サーキット走行が近くにあったらやっぱりいけませんが、1週間は地元に居ますので行ってきました!

元気いっぱいの血液ですので、大事に使ってもらえればと思います!

いつも本当にありがとうございます!!
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

11951917_1099935516701363_5298973265694781701_n今月発売のライディングスポーツさんに7月のHBF夏大会の様子、リザルトが掲載されています!北陸バイクフェスティバル
それでもって、鈴鹿8耐の事も詳しく!
そして、ピレリカップのほうも!

日本で唯一のロードレース専門誌です、過去にこれだけ身近に感じた事ありません!
本当に光栄です!

ピレリカップのプロモーターはオフィスとらくしょん様です、ライディングスポーツに掲載されることは予想していましたが、ここまで沢山載せて頂けることに驚きを感じています!
やはり、今年ピレリカップに参加するという決断をして本当に良かったな〜と思います!

そして、全日本ロードレースに関しても、タイヤの履き替えありますが、今年はすでに筑波と、岡山でピレリカップをこなしています。
これは、一つ大きなアドバンテージではないでしょうかねww

いずれタイヤは違えど、2回目のレースです!
記憶も感覚も鮮明ですw

筑波、岡山見てろよ〜ww
いつも本当にありがとうございます!!
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

後半戦のスケジュールを確認しながら、ふと何とかして後半戦成績を上げたい!そう思っています。
ただ、テストを含めて、全部をこなすのは大変だなどこかで経費を削らないとな、と
恐らく後半戦に向けての追加練習は恐らくほとんどできません。

3人の知恵!そんな中でも、自分の強みっていったい何だろうか、、、
予算や体制などは、ライバルに比べて比べる事も出来ません、しかし何かあるはず、、そう、圧倒的なST600仕様のCBR600RR(型番PC40)の乗り込み量ではないかなと。

痛い思い出も、最高の思い出もこいつと一緒、もうずっと乗ってますww恐らく今年の全日本ST600クラスでは一番でしょう。

色んなタイヤ、サス仕様も変更して経験してきましたが、PC40を乗り変えた事などありません。
07年からほとんどバイク本体は変わってません。これが僕の強みではないかな、と。

cf61a56b.JPG全日本ロードレースとピレリカップの両立が厳しいと言われていますが、本当にそうだろうか??目をつぶって、僕がPC40を初めて乗った時からの記憶を呼び戻せばそれはもう凄いデータで、最高の走りが出来るんじゃないかなと(笑)

過去のセッティングデータはスキャンしてデータ化してあります。
(10年間、数百枚に及ぶデータはダルさんが保管していてくれたおかげでしっかりと残っていました)

最終1そのデータを今見て、記憶を呼び戻しています。
チャートに書いてあるデータのタイムは正直遅いです。
しかし、その中でも見えてくるものはあります。
サスペンションのバネレート選択や車高、プリロードとセットアップの進め方も今とは全く違いますが、それでも見えてくるものがあります。

物質的に後半戦にパワーアップする要素はありません。
変わるべきは自分自身です!
今年2015年、後半戦、自分にとって最高にするために、一か月弱を過ごしていきます!

全日本ロードレースST600クラスの予選方式が変更されました!

全日本ロードレースST600クラス計時予選方法の変更について
本年より、ワンメイクタイヤ制度を実施し、使用セット数を予選/決勝を1セットに制限したが、予選においてタイヤ温存のため、走行周回数が少なく、参加者、観客より不満の声があり、選手アンケート (第2戦AP大会時 ARTまとめ)結果も考慮し、予選の在り方、観客アピールの視点から、筑波大会より、新たな予選方式を導入いたします。

● 予選方式 計時予選を、Q1,Q2の 2 部構成とし、インターバルを含めた一連の予選方式に変更する。
タイヤ使用本数制限は、予選、決勝ドライタイヤ 1 セットコントロールは維持する。
予選 フォーマット Q1計時予選15分間− インターバル(10〜15分)Q2計時予選15分間
● 内 容 ・ 参加者は、Q1 およびQ2計時予選に参加しなければならない。
・Q1は全車走行し、Q1の結果にて、1 位〜12位をAグループ、13位以下をBグループ組に分ける。
・インターバル(10分から15分は施設によって設定される。)
・Q2は全車走行し、Q2 の結果によって、決勝スターティンググリッドを決定する。
※1 A グループの選手は、予選1位〜12位 のグリッドが決定
※2 Bグループの選手は、予選13位〜最終 グリッドが決定
※3 ※1 Q1 に出走しない選手は、Q2 へ参加できない。
※2 A グループ選手が、Q2を走行できない場合はAグループの最終位グリッドとする。
複数車両が存在する場合は、Q1の結果に基づき決定する。
※3 B グループの選手が、Q2を走行できない場合 B グループの最終位グリッドとし、決勝グリッド数を超えるいる場合は予選落ちとなる。

●補 足
・ 予選基準タイムはQ1のトップタイムを適用する。Q1で予選基準タイムに満たない場合、Q2 の走行が 許可され、Q2 において予選基準タイムをクリアすればピットスタート等審査委員会決定のスタートが出来る。 (予選落ちがある場合は Q2 を走行することはできない。)
・ リザルトは、Q1結果、Q2 結果、総合結果で構成される。罰則、抗議はすべて予選終了後とする。
・ 予選中およびインターバル中に、安全の理由以外での転倒車両の回収は行わない。
・ 何らかの理由によりQ2セッションが行われなかった場合、Q1 の結果でグリッドが決定される。


今度の筑波大会から予選の方式が変更になるという事。

色んな思いを持つ人がいると思うけれど、決まった事は決まった事!

参加者はこのルールの中でベストを尽くすだけです!

正直、今年変更になるとは思いませんでしたが、今のワンセットルールの中ではこのアイディアはおもしろいんじゃないかなと思います。

現状ルールでの問題も確かにありましたが、2セットルールにしてしまうと今年のレギュレーション変更の意図からかけ離れてしまいますからね。

新ルールではどうしても予選タイムアタックを2回やらなければならない。
正直、1回のタイムアタックでタイヤに負担をかけてしまう僕には少し不利に働くかな(笑)


ただ僕個人的にはこの方式は面白いと思います。

見てる方も予選面白いと思いますしね!

よし!やろう!!

いつも本当にありがとうございます!!
人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ