ab994dc6.JPG

今日は、鈴鹿サーキットで行われた、「ホンダレーシングファミリー」のスポーツ走行に行ってきました。今回は、9月に行われる全日本ロードレースに向けてのセッティング作業をする為に走行しました。昨晩2時くらいに鈴鹿サーキットの駐車場に着き、そこで仮眠を取り、6時からサーキット入りをしました。

 

とにかく、エアコンが効かない僕のハイエースは夏の夜がきついです、窓を開ければ虫が入ってきて刺されてかゆいですし、閉めれば暑いですし、ちょっとの仮眠もしんどいです、あまり、睡眠を取ることが出来ずに結局サーキット入りしました。

朝そこで、「SSFUSE」の社長と従業員の方と合流しました。おしゃべりをしていると眠気がどっか行ってしまうんでしょうか、眠いのを忘れて、今日の走行予定や、セッティング作業の確認をしていました。また、金沢から同行した夏井坂さんも眠いはずなのにどっか行ったまま帰ってこなかったです。

今日の走行は、朝、昼と2時間ずつ、計4時間の走行ができます。この4時間を有効に使う事ができれば、かなり有意義なテストとなります。しかし、今日の鈴鹿、とにかく暑い!8耐のライダー達には、本番直前にいい練習になると思うのですが、僕にとっては、本番とかけ離れた条件に少し戸惑います、まず、気温は34度、そして、タイヤのグリップに重要な路面温度は59度でした、この路面度は、スプリント用のタイヤほとんどすべての想定温度を超えています。凄く滑ります。

とりあえず、9時から走行だったのですが、どうも今回、1日通じてフィーリングが良くなく前回走行時よりも、かなりタイムが落ち込んでしまいました。
4時間を通して、色々サスペンションセッティングを思考錯誤して変更した所で、何とかこれじゃないか?という所まで来ました。最終確認をすることは出来なかったんですが、もし、原因がそれだとしたら、前回オートポリスでの、予選不通過の不調の理由とも繋がります、前回レースの予選不通過は、僕の心にもかなり大きな傷として残ってますが、前回の不調の原因がはっきりしたら、本当に嬉しいです。

次回のテストで試してみたら、はっきりします、原因がこれならば、ぐんぐんとタイムを伸ばす事が出来ると思うので、かなり期待してます、タイムは出なかったのですが今日は有意義なテストが出来ました。

今回、僕自身、今年初の転倒を喫してしまいました、僕のポカミスです、情けないですが理由を説明します。

昨日から、名門モリワキレーシングの8耐ライダー、イギリス人「レオン、キャミー」が来日、走行していました。
鈴鹿、初走行にもかかわらずいいタイムで回ったと聞いて、8耐ファンの僕は、かなり注目していました。

朝一、彼を捕まえて、自己紹介と、ちょっと小話をして、かなり気人懐っこい気のいい青年だということが分かり、僕はちょっと友達になってしまいました。

そして、コース上で遭遇した時も、どんな走りをするのか、正直かなり興味しんしんで、1周目にもかかわらず、目を三角にして追いかけました。やっぱ、レオンは鈴鹿に慣れていないのか、ラインがかなりばらばらで、ぎこちなく走ってました、僕は、有名ライダーを追いかけるとそのリズムで走り、思いがけない、いいタイムを出す事がよくあるので、期待していたのですが、8耐マシン1000ccと僕の600ccでは、ストレートでは、まともに近づくことができずに、その差を取り返すためにシケインでかなり無理なブレーキングをしてしまいました。そこでフロントタイヤを滑らせて逝ってしまいました。(転倒後から見ていた人が、ブレーキングの時、僕の背中から炎のオーラが出てた、と言っていました)
いつもなら、こんなタイヤが温まっていない1周目から無理しないのに、、、恥ずかしくてピットに戻り辛かったです(笑い)まあ、軽い転倒で、バイクも自分も、大怪我しなかったんで、良かったです。

写真は、今回ピットクルーで同行した夏井坂さんと、レオンです、かなりいい奴でした。

僕の、「必殺!無理矢理、和製英語」が通じるなんて驚きです。


今回8耐関連の僕が見たもの聞いた事は、明日またブログに書きます。