5a85a805.JPG
今年、僕は決勝中はスタンド席もしくはサーキットのレストランでほぼ観戦モードで見ていました、
今回の8耐は、BMWチームのヘルパーは木、金のみでその後は観戦と案内でした。
 ですのでレースの状況を把握出来辛い中に居たのですが、ちょっとした秘密兵器で気になる情報をすべてゲットしていました。ですのでレースはピット内に居るよりも情報がありました。
 
その秘密兵器とは「モータースポーツチャンネル」です、ライブモードでは携帯から直接サーキット内のコンピュータにアクセスできるような仕組みになっていて、タイムラグもほとんど1秒も無い感じで情報がゲットできていました。
ですので、今回「最初の1時間」でのワークスとヨシムラとTSRの一見地味な走行の中で色々状況を把握出来たので楽しさ100倍で見ていました。
 
またラップタイムも全部記録されていて見ることができ、なおかつ交代したかどうか? 誰が乗っているか判らないライダーもしっかり出ています、しかも順位がかなり下のチームも見れますので、今年の鈴鹿8耐が自分の携帯の中で行われているような感じで手に取るように色々なことが解ります、本当に便利です。

ぜひ来年も実際に8耐に見に来る事があれば、簡単な操作で入れるのでかなりお勧めです。

僕はこれでゼッケン9番の超お気に入りのサミュエラのラップタイムを把握していました、これは本当に感動でした!!コンディションの悪い中彼女が頑張ってタイムを詰めて頑張っているのを把握していると涙が出てきてしまう位一人で感動していました。

僕も木曜日に彼女にしっかり鈴鹿の走り方レクチャーしたので、、、マジ感動でコントロールラインを通過する度にラップタイムを見て鳥肌&涙でした(笑)