e9eac2fc.JPG

スポーツランド菅生の練習、2日目をブログでチェックしてくださっている方はもうお解かりと思いますが、かなりのハイスピードでの大クラッシュ!バイク大破!で今回2日間の練習は幕を閉じました。

悪いニュースほど早めに報告、と転倒した後直に携帯から簡単なブログを書きました。(笑い)

 

1日目の充実した練習から、2日目今日、「ブリジストン開発テスト」走行枠を走ってきました、1日目の手応えでレースでのポイントゲットがちょっと現実に見えたまま、気持ちよくサーキットの駐車場で朝、目覚めました、今回はダンロップのテストもありほぼレースライダーが揃い、ライバルとなるライダーを見極めレースに備えるのにもってこいの日になりました。

とにかく今回の走行でレースまでの練習走行ははありません、ですので、レースシュミレーションとして無理して、新タイヤを投入して気合十分でしたしオンボード画像もしっかりとっておこうと思ってました。

今日は午前1時間午後45分間の練習です。

1本目の午前の走行で今度のレースで使うスペックのタイヤを使用しました、使用した感じは「素晴らしい!」の1言!以前使っていたタイヤよりはスライドはするのですが、スライド初期も穏やかでコントロールしやすく、落ち着いてバイクを前に進めることが出来ます、これがわかり難いと、恐る恐るアクセルを開ける羽目になり、結果立ち上がりが遅くなってしまうんです、まあ、ベスト35秒台は簡単に出ましたが、そこからはサスペンションの調整が必要と感じ、ちょくちょくピットインして微調整してました。
1本目に走った感じは感触は良く走行を終え、午後の走行までにうしろサスペンションを少し硬めにしてみて2本目の走行に挑みました。

ところが午後の走行1時45分スタートのはずが、前走行転倒車の回収に手間取り、結局5分遅れの走行開始となり、全員が一気にピットアウトしてしまいました、あたかもそれは全日本の予選と同じ空気を漂わせていました、ほとんどのライダーがニュータイヤで挑み、ベストラップをたたき出しに来ているのは明らかに解りました。

ぼくも、ポイントゲットするためには多少無理してでも着いていきたくて目を三角にして背中から炎を出して挑んでいました、1周目2周目といい感じにポイントゲッターライダーの後ろにつくことができ、離されまいと勢い良く走っていました、そこで運命の4週目に突入、かなりコーナースピードが上がってきて、使い込んだフロントタイヤがにゅるにゅるとアウトに滑り出しつつもコントロールして、この周はタイムが出るかな?と思っていたら、最終シケイン手前に僕との間にピットインするためにスローダウンしているライダーが入りそうでした、しかもそのコーナーは僕がタイムを削るのに最も得意なコーナーだったので気合でアクセル全開をくれちゃいました、「行けー!!」と叫んだかどうかは別にしても、今日ここまで2日間どんなスライドをしてもコントロールしてきましたし、全然転倒する気がしなくて、ポイントを取るためにだけ目標を置いてアクセルを開けちゃいました、、、、代償は人生最大の高速ハイサイド!!

100メートル以上飛ばされ、タイヤバリアの上にまで僕は飛ばされ、バイクは大破、、、やりすぎました、、、コースサイドのオフィシャルの方もこの転倒では僕がヤバイと思ったらしく全速力で駆けつけてくれたらしいんですが、僕が立ち上がってバイクを起こそうとしたことにビックリしたと言っていました、大怪我しなかったのは日頃の鍛錬の賜物です!しかし、バイクが後ろから降ってきたらそうも言ってられなかったとは思うのですが、、、よかったです、約1時間コースサイドでみんなの走りを見ていたのですが、僕がアクセル全開くれた所はみんなかなり慎重に走っていました。

やってしまった物は仕方が無い、しかし、バイクは大破、じっくり見る事もせずに車に積み込んで帰って来ました。
そんな中でも「超」が付くくらい嬉しかったのは、普段は中々喋らないライバルライダー大勢が「大丈夫?」と声を掛けてくれた事です。中には世界選手権を戦ってきた有名ライダーさんもいて、同じレースをしている物同士のつながりを実感しました。

また、僕の練習レーシングスーツ、ヘルメット、グローブ等はかなり痛んでしまいましたが、この僕の身を守ってくれる装備、何1つ欠けても僕は今ごろ、大変なことになっているんだろうなーと感じると、これらに1つ1つにも感謝感謝したいです。

あ、あとオンボードカメラですが転倒した瞬間を抑えているはずなんですがコースでバイクが大破した時にどっか飛んで行っちゃいました、、、楽しみにしてくれていた人本当にごめんなさい!!