3f8594e9.JPG

今日は、1昨日のクラッシュ後のバイクが家に届きました、体が痛くて、バイクを下ろす事も出来なかったんですが、友人で今回菅生の練習に付き合ってくれた恩ちゃんに手伝ってもらいバイクをガレージに入れることが出来ました。

昨日見た感じだと、ほぼ全損という感じでしたが、もしや使える部品があるのでは、、、と淡い期待を持ちながら、恩ちゃんとバイクの破損状況を確認していました。

 

具体的な破損内容は長くなるので書きませんが、メインフレームとエンジンは大丈夫みたいです、でもそのほかは、、、、やはりバイクの壊れ方を見ると、僕が無事だったのは本当に運が良かったなーと感じ、改めて体のを守る装備のありがたみを感じます、僕は、「南海部品のレーシングスーツ」を着ています、僕の性格か1度これ!と思ったらその先もこれと言う感じで南海ツナギ以外を着たことがありません、また、「ショウエイヘルメット」もそうで、他のメーカのヘルメットをかぶった事もありません、ですがこれはベストチョイスだと確信しています。

命を預ける装備の選択は自分が信頼性のおけるメーカーが1番だと僕は思います。
バイクなんですが、実は、こんな事もあろうかと、シーズン前にホンダ「CBR600RR」05年のレースベース車を2台注文していたんです、要するに「Tカー」ですね、去年8月に同じように菅生でクラッシュし、バイクがめちゃめちゃになってしまった時にこれは、バイクをもう1台買ったほうが良かったのではないか?と感じるほどの費用が掛かっちゃいました、(レースベース車は部品で組み立てた場合の約3分の1の値段なんです)ですのでこれは贅沢とかではなく、お金が無い自チームの選択として今年はシーズン前にリスクを考えて2台注文しました。
スペアホイール、スペアエンジンは使う予定でしたが、このままクラッシュしなければ他使わないなーと思っていた矢先の大クラッシュでした、注文しておいて良かったなと思いつつ、やってしまったなーと悔しい気持ちもバイクを見て思います。

これからレースまでの3週間壊れたレースバイクを綺麗にを組み立てる作業をしていきます、頑張ります!