走行しながらラップタイムがわかる!P-LAP!これは超革命でした。
ホームストレートでその周のタイムが分かる、これによりラップボードいらずになり、走行中もテンション落とさずに走れるようになりました。
正直これでも十分なんですが欲を言えば、、、やはり区間タイムが分かればどれだけいいか、、、それでもって最高速が分かれば、燃調の目安、立ち上がりのアクセルの開け方の良し悪しの目安も出来る。

走行中に区間タイムが分かるって夢のような話です!
そこで、僕が使用しているラップモニターを紹介します!
使わなくなったアンドロイド携帯にGPSLapsと言うアプリを入れて高精度GPSセンサー747PROをブルートゥースでペアリングしてサーキットの区間タイムをリアルタイムで知り、その時の速度も分かるんです。

過去に出した自分のラップタイムの区間タイムとの比較が出て、それより0.3秒遅いとか、0.1秒速いとか、、それだけでそのコーナーの出来が分かります。
ブレーキで我慢しすぎる所でタイムが詰まってるのか、それともロスしてるのか、それらも区間単位でタイムが出るとベストな走りを組み立てられます。

さっきの話ではありませんが、ブレーキングや立ち上がりでリスクを負って走ってても、それがタイムに繋がらないと分かったらもっとスムーズに走る事を心掛けるはずです。
ちなみに、こんな感じになります!


タイムが分かるというより自分の走りが分かるという事で、本当に重宝しています。
SUGOでは特にP-LAPが使用できないので特にね。

他にGPSを利用したラップモニター出ていますが、これだけ安価で簡単なシステムでリアルタイムに正確に区間タイムを見れるものありません。(モトGPマシンには色のランプで区間ベストか分かるらしいですがw)
金額も中古のスマホと10800円の747PROですから安いです。
(というか、MOTOGPみたいにものすごい高いお金払えばあるのかもしれませんがねww)
僕はもう埋め込み磁石を利用したラップタイムモニターは使いません。
取り付けも747PROをガムテープで固定して、スマホをメーターパネルにマジックテープで固定するだけですしね。




「頑張ってもタイムが上がらない、、」そういう人にはぜひお勧めです!僕が思いっきりそうでしたww

より安全により速くなる為の便利な道具です。
このネタ沢山の人に伝えちゃってみんな速くなったら僕も困りますが(笑)
これにより少しでも事故が減ればいいなと思います。